2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイカたたき。

コンバンワ。ついに水風呂を導入した黒子ですコンバンワ。
扇風機が音を上げた今、強制的に冷やすにはこれしかないデスヨネ、うん。
エアコン?電力がゴニョゴニョ。
さて。
スイカイベント、わりといい感じでわいわいと楽しんでいます。
毎回ボックスがもらえる程度には頑張ってますが、
今回は私の立ち回りというか、こんなかんじでやってますよ的なご紹介をしてみようかと。

まずはチーム決めから。
○始まって5分くらいは様子見
まずは悠然とぐるぐる回りつつ、全体的な流れを観て決めます。
勝ち負け関係ないやー、と言う場合はサクッと入っちゃいますが、勝ちたい場合は人の多いほうにはいるのがよろしいかと。
○人が多そうなチームに入る。
姑息と言えば姑息ですが、結局人の多さ=勝敗に直結するので、勝率を上げたいならば、人数が多いところに潜り込むが吉でしょう。
あまりにもやりすぎると、当然総スカン食いますので。そこは自分の良心と相談。

チームに入ってプレイする場合。
○単独行動の場合、氷オンラインでもへこたれない
エルフやジャイの場合、足が速くいため単独行動でずんどこ行きがちですが、
敵陣最奥地は必ず護衛の人たちがいます。
ひきつけつつ逃げまくる、などの陽動は可能ですが、単独でやれることはたかが知れてるので
あっという間に囲まれます。で、氷付けまっしぐらですが、大事なのはそこで撤退しないこと。
二人三人と自分の周りに敵をひきつけられれば、その分味方が楽になります。
○流れを見て、守るか、攻めるかを見極める
スイカテントにしがみついてるのもイイですが、できれば一つ二つはスイカを持って帰りたいところ。
折り見てなだれ込むときは自分も参加してみるもよしかと。
あわよくば途中で敵のスイカをぶんどれるチャンスもあったりなかったりします。
○中盤あたりで待ち構える
スイカを取ったら、あとは一目散に自陣に帰るわけですが。
そこを狙います。
中盤あたりに出向いて単独でスイカを持ってる敵に狙いを定めてインターセプト!
決まると爽快ですが返り討ちだと惨めさ爆発です。
あと、持てるスイカは一つだけなので、スイカを取った帰りがけにやると時間稼ぎにしかなりません。
リスクはかなり高いです。

で、最後に
○マビのドロップ運なんてそんなもの
っていう半ばあきらめの境地で箱を開けるとひょっとしたらうまく行くかもしれません。
物欲センサー以下略

以上ですが、簡単にまとめてみました。

あとアレですね、種族ごとの傾向としては
ジャイは敵陣に張り付いてると、結構いい感じで氷付けに出来ます。
体感ですが、振りのモーションが早く感じました。
エルフは足が速いので、敵陣に攻め込む人が圧倒的に多いです。
多少の遠回りとか、陽動とか、いろいろ出来そうで夢ひろがりんぐ。
人間は足が遅く、振りもそれほど早くないうえに
うっかり殴り続けると最後一打の無駄モーションになってしまうためスキだらけになります。
ちょっと他に種族と比べると涙目かもしれませんがそこは根性で。
ポイントゲッターにはなれませんが露払いやしんがりなど、やれることは結構あります、うん。

と、いうわけでネコミミがいまだでない私に幸アレという感じで。

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ydatsubuyaki.blog53.fc2.com/tb.php/385-01c64a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆめやぶれて。 *TOP* にじいろ。

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ついったー。

プロフィール

黒子@肝鯖

Author:黒子@肝鯖
キホールサーバー6chに生息する
のうすじ一歩手前。
防御不要論者の多いエリンで
黄金の鉄のかたまりを目指す。
ぐんにょりしながら、
ティルコネイルでのんべんだらりと生息中。
得意技はスマッシュならぬスカッシュと
脅威のスルー率を誇るスイッチ部屋開けと
無駄にランクの高い釣り。

生活スキルで唯一・最速のマスター。

メンドクサイの大嫌いな影世界嫌がり派。

世界中の衣服をピンクに染めるのが野望。




 

<注>
日記内の画像はクリックで拡大されます。

マビノギスキル表。

Ababill/聖典群のブログ様よりお借りしています。

FC2ブログランキング

お気に召しましたらココをぽちッと。

FC2Blog Ranking

こっちもぽちっと。

マビノギ・攻略ブログ

マビリング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

注意書き

当ブログ内にある“Mabinogi”
に関する全てのコンテンツの
著作権は運営元であるNexon社
及び開発元のdevCat社に
帰属します。
 
 

Developed by devCat
 Copyright (c)
Nexon Corporation and
Nexon Japan Co.,Ltd.
All rights reserved

当ブログはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

こころぐ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。